経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年02月21日

【ブランド力のない店の場合の販促について】販促、広告宣伝はブランド力の有無で変わって来る

そこそこ効果があると聞いて打った販促、成果・結果が期待したほどでない。
何が悪かったのか、悩みます。

まず反響が大きく、成果・結果が出やすいのはブランド力のある企業や店です。お客様はどのような店かご存知で、後は販促企画の内容で判断されますので、当たりやすいです。

ところが、町中であまり知られていなかったり、新しい店というのは、なかなか反響が上がらなくなっています。どんなに企画内容が良くてもリスクを冒したくないという心理が働くからです。

友人・知人が利用され、「良かったよ」という話を聞いてやっと行ってみようとなります。

だから、ブランド力がない場合は、段階的に考えた方が良いと思います。
第一段階は、店のことを知ってもらうことからです。1回や2回の販促で売上を上げようと思っても厳しいです。定期的に打ったり、毎月打つくらいのことが必要になってきます。

第二段階は、企画内容と店づくりにブラッシュアップです。お客様のニーズに合う企画を打ちながら、店も直して行かないといけません。チラシやフリーペーパーなどの媒体に頼るのではなく、店を良くしていく努力が必要です。

前回、利用した時よりも良くなっていること。それが大事です。
販促はよく費用対効果で測ろうという傾向が強いですが、かけた費用の大小で効果が決まるものではないです。店側がどれだけ店づくりに対して努力したかで変わってきます。

第三段階は、販促を打ちながらブランド力を高めることです。特徴のある商品・サービスを強化しながら、お客様に知っていただく、口コミで広げていただくことが大切です。

このブランド力が付くと、お客様もイメージしやすくなり、反響が上がって行きます。
売上が悪いので、何か販促でも打たなくてはならないのではというのはわかりますが、戦略を考えて下さい。それが販促企画を当てる大きな鍵です。
ラベル:ブランド力
posted by ノムリエ at 13:04| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする