経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年01月18日

【食品のマーケティング戦略】ストーリーを語ると売れるか?〜これからは健康の匂いが感じられる商品づくりが大切〜

販売戦略の相談でお伺いさせていただくと「ストーリーの準備はできています。」という方がおられます。確かにストーリーは大事です。ストーリーを語らないと売れないと言われて来ました、しかし、それだけでは売れなくなっています。

どんなに凄いストーリーだったとしてもまだまだです。お客様が実際に体験して感動しない限り、言葉だけでは厳しいでしょう。それと売る側の情報だけではお客様は信用されません。

普通の一般顧客の方が使用したり利用して良いという評価がないと納得されません。その良いという評価も言葉に出して凄いと言えるようなものでないと口コミにはなりません。

他社の商品よりも自信があると言ってもどうでしょうか?お客様がそれを理解できるくらいの違いはあるでしょうか?

・歴史がある
・職人が作っている
・手作りである(大量生産はできない)
これらをストーリー化するだけでは弱いです。

食品などの場合、まず美味しいかどうかです。味の評価が一番です。
それと添加物なども気になります。お客様が気になるようなもので使用していないものを明記すること。あるいは、それを伝えること。ますます健康志向が進んでいますので、そういうものを見直す必要があります。

製法も独自の製法だというのがよくありますが、体に良い作り方をしているかどうかが大事です。自然にやさしいと言っても健康にはどうなのか、どこまで言うことができるのか、そこがお客様は知りたがっておられます。

後発参入の会社ほど、より健康的な商品であることを前面に出して行かないと厳しいと思います。歴史も大事ですが、それだけでは感動はしません。だから老舗が苦戦しています。

斬新な商品を作ろうと思えば、健康という切り口を前面に出して作ること。健康の匂いが感じられないと手を出されません。

皆さん、自社の商品に対しては思い入れや自信があります。でも必ず第三者の方の意見やアドバイスを聞いて見直しを図って下さい。自分では良いと思っていても時流やニーズに外れているかもしれないからです。

それと商品は出来上がっていて、販売戦略だけで乗り切ろうとするのも危険です。販売する前に商品を見直さない限り、売れないと思います。
ラベル:ストーリー
posted by ノムリエ at 05:51| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする