経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年01月10日

【小さな飲食店のフェイスブックの使い方】お客様の声をいただき商品化し提供する

まず、試作メニューをフェイスブック上にアップする。
その試作メニューの評価をいただく。
「いいね」が100を超えたらメニュー化。(100が妥当かどうかは検討が必要です)

ただし、画像と価格だけの情報提供になります。
そのため、フェイスブックで試作メニューを見たという方には、提供価格の半額で召し上がっていただく。ただし、その方にはフェイスブックに投稿していただくことを条件とする。

それと大事なのは、画像をアップした段階で、厳しい声もいただくこと。
ボリューム感がないとか、価格が高いとか、季節感がないとか、ちょっと変わり過ぎているとか、お客様の声をストレートにいただくことです。

また、試作の過程やどういう思いでこのメニューを作ろうと思ったのか、それも是非、投稿して下さい。それもお客様は興味を持っておられます。

フェイスブックでは、ある方の投稿に対して、また違う方が自分の意見を投稿されます。それが繰り返されると盛り上がります。そうするとその投稿を見られた他のFB友達も行ってみようと思われます。

フェイスブックは無料のツールです。それに良い点は、「FB友達」に情報を流せる点です。例えば、ホームページに試作メニューをアップしても反応はないでしょう。だれも投稿はしてくれません。反響を計ることもできません。

飲食店に限らず、お店を経営されている方は、自店のFB友達をたくさん集め、その方の意見を参考に商品化されてはと思います。

小さいお店こそ、このようなツールを上手に活かすことが大事です。
ただ、何となく今日のおすすめメニューやお客様が盛り上がっているところだけを流すのでなく、実際の商売に結び付く情報の流し方も考えてみられませんでしょうか?

行き過ぎると良くないですが、ちょっと楽しい企画も試されても良いような気がします。
posted by ノムリエ at 14:41| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする