経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年12月27日

【女性が納得するキャッチコピー】「当店のお肉、赤身を使っています!」

コロッケ屋さんも赤身の肉が人気?
昨日、近くのコロッケ屋さんへ行って来ました。
その時、女性の方が、「赤身の多い部分を揚げて下さい」と注文されていました。

牛カツも脂身の少ない赤身が人気?
時代の変化を感じます。もう脂の付いている食材を女性は敬遠しているような感じです。
ますますこの風潮が強くなっていくような気がします。

そうすると飲食店でもただ単に牛肉メニューを記載するだけでなく、どんな肉なのかを記載しないと売れないかもしれません。

今までは「○○和牛」と言うのが大人気でした。この名前を見るとなぜか注文したくなりました。ところがあまりに良い肉だと脂身が多いということをお客様はご存知です。特に、肉が好きな方はよく知っています。

昔とは逆です。脂身が多い、サシの入ったものを写真撮りしPRして売っていたのが、逆の現象が起きています。

だから、「当店のお肉(赤身)を使っています!」というのも良いかもしれません。

常に商売は女性目線で考えないといけないと言われますが、肉についても同じです。女性が好む肉を考えて行く必要があります。

赤身、ますます人気が出そうです。
赤身が揃っている店、赤身がおいしい店。
評価が上がると思います。

肉は赤身!?
それが女性の好みであり、新たな時流のようです。
赤身の肉の調達から調理方法に提供方法、ソースに付け合わせ、キャッチコピーにコメントなどすべてを見直す必要がありそうです。
ラベル:赤身
posted by ノムリエ at 09:21| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする