経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年12月21日

【良い会社の条件】経営計画だけなくレクレーションの計画を年始に発表している!

年始に経営方針・経営計画の発表を行う会社も多いと思います。ただし、会社側、経営側から見ると非常に大事なことですが、従業員の方から見るともう一つ身近に感じられません。業績が上がれば給料やボーナスはどうなるのか、生活はどうなるのか、それが気になります。

だから経営計画を経営計画を発表するだけでなく、従業員の方の興味のあることも合わせて発表されるのが良いです。

例えば、ある会社では年間のレクレーション計画の発表もされます。花見の宴会も期日が決まっています。花がいつ満開になるかもわからないのに、日時だけはきっちりと抑えておられます。

それに毎月、何か社内のイベントや企画があります。最近、社内運動会もまた人気になっています。社内での交流の機会を増やし、一体化させるのが目的です。

業績に応じて旅行のレベルを変えるところもありました。
目標売上に達した場合は、ディズニーランドへ連れて行くという会社もありました。
年2回は必ず、従業員の家族の方も招待し、バーベキュー大会などを開催しているところもあります。

毎日、忙しくてそんな時間が取れないと言っていると離職率は高くなります。優秀な人材が育ち、会社や店を好きになっていただくためには、レクレーションは大事です。

経営会議などでも経営数値の計画を立てるだけでなく、年間のレクレーション計画を作っていただきます。当然、従業員の方の希望を聞いて、予算化し実現化して行きます。

結局、レクレーションが上手な会社は、段取りが良く、仕事も早いです。企画立案から実施、後始末と報告までたいへんですが、それを繰り返すことで力が付いて行きます。

伸びている会社は、担当者も輪番で皆が企画・参加するようにされています。

さて、来年のレクレーションどこまで決まっていますか?
絶対に参加したい!と従業員の方が楽しみにするくらいのレクレーション企画して下さい。

それが良い会社を作るための条件だと思います。
posted by ノムリエ at 16:58| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする