経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年12月20日

飲食店の離職を防ぐには?

この相談、最近また多くなっています。
規模の大きいところでも配属先の店舗が良くなかったと言って辞めて行かれます。

良くなかったという理由は?
1.店長と合わなかった(これがダントツに多いです)
2.店の雰囲気
3.職場環境
4.やりたい仕事と違っていた(でも飲食業だということはわかっているはず)

小さいお店でも同じです。3日も経たず辞めたいとか、初日で辞めたいという方もおられます。

でも募集費もかかっていますので、なるべく離職率は低くしたいです。では、どういう会社・店が離職率が低いかと言いますと、以下のような点が挙げられます。
1.社長が常に声をかけている
2.社長のビジョン・夢に共感している
3.社長が好きな人が残っている

そうすると社長やオーナー次第ということになります。どんなに素晴らしい評価制度や仕組み、給与体系を作ったとしても社長が好きでないと務まりません。

それと仕事が楽しいだけでは続かないようです。仕事が好きだという方は、他にもっと楽しい仕事があるのではと転職されます。

また、経営相談の電話があった時、離職率が高いので会社として、店としての仕組みづくりが必要ですか?他の会社や店で離職率が低いところはどんなことをされていますか?と質問されます。

そういう時、ズバリ!
「社長次第です」と答えています。

離職を防ぐには、社長の魅力度を上げること。
他社・他店に比べて給料がやや少なくても社長が好きだったら続きます。社長の夢を実現させるために頑張ろうとなります。

その代わり、社長も実現可能な夢とビジョンを語り続けないといけません。
恥ずかしがらず、語って下さい。大きな夢も持って下さい。
それと夢が実現すると従業員の方々もどうなるのか説明してあげて下さい。

できれば面接時に、月給が○○万円だからとか、時給が○○○○円だから応募しましたと言う方よりもホームページを見て社長の考え方や理念に共感しましたと言う方を採用して下さい。

いろんな会社・店を見させていただいた結論は・・・
離職を防ぐには、お金よりも社長の夢とビジョンが大事なようです。
ラベル:離職
posted by ノムリエ at 05:41| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする