経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年11月21日

【中小企業や個人店が定期的にアンケート調査を行う方法】毎月、お客様に聞いてみるテーマや内容を決め、接客や営業時にそっと聞いてみる。

先日、飲食関係の某大手ポータルサイトからアンケートへの協力のお願いメールが来ました。
「何が食べたいですか?」
「どんなメニューが食べたいですか?」
等、最近の飲食店の利用についての質問でした。

これは、お客様の動向やニーズを知るためには大事なことです。
会員登録されている方全員に送っておられるなら凄い数です。でも返信されたメールデータを整理分析するだけでもたいへんな作業になります。大手でないとちょっと無理かもしれません。

しかし、メールは大きな費用がかからないし、PCやスマホなどで簡単にチェックして送信できますので良い方法だと思います。こういうことを繰り返しながら、さらに良いものを作って行かれるのでしょう。

さて、中小企業や個人店でアンケート調査を行っているでしょうか?
年に一度はこういう調査を行うことが理想的です。顧客ニーズを知るためにもデータが欲しいです。あるいは自社・自店に求めているもの、期待しているものは何か知ることができれば、さらに売り上げを伸ばすことができます。

メールアドレスがわかっているならばアンケートを送信し、お答えいただければ特典を送信するというのが一番コストがかからないでしょう。

しかし、メールアドレスがなければ他の方法を考えないといけません。紙媒体を送付し、返信してもらうのも良いですが、なかなかそこまではやっていただける方は少ないです。

現実的には、アンケート内容を明確にしておき、電話での簡単な調査が良いでしょう。質問項目数も3〜5個くらいにし、さらに常連のお客様に絞って行われてはどうでしょうか?

また、店舗においては、アンケート用紙に記入してもらうという方法もありますが、接客しながらお客様の要望・希望を上手に聞くという方法もあると思います。

そうすると気づかれると思いますが、アンケートとはお客様の声を聞くことです。あえてアンケート調査と謳わなくても日々の業務の中でお客様とのちょっとした会話の中で出てくることで十分なのです。それを意識して聞いているかどうか、会社や店に報告しているかどうかだけです。

毎月、お客様に聞いてみるテーマや内容を決め、接客や営業時にそっと聞いてみる。
それを日々の改善につなげる。
膨大なデータよりもその方が大事だと思います。

アンケート調査はデータよりも改善度が大切です。
気になった方は、すぐにでも始められてはいかがでしょうか?
posted by ノムリエ at 11:04| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする