経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年11月03日

【周年祭の企画について】集客アップにつながるコツと注意点

先日、ある飲食店の周年企画の新聞折り込みチラシが入っていました。数十年間、ご商売されて来られ凄いと思いました。

ただし、周年祭も少しずつ変化して来ています。セール期間中に安くするだけでは、期待した集客に達しない場合もありますので一工夫が必要です。

例えば、以下のような点に注意されて企画を組んでみて下さい。

1.新メニュー・びっくりメニュー
安くするだけでなく新メニュー・びっくりメニューを必ず入れること。今までと同じメニューで安くなっているだけでは魅力に欠けます。特に新規のお客様を獲得し、リピーターを作るためには大事な要素です。逆に、こちらに力を入れるくらいが良いです。店が変わった、バージョンアップしたことを伝えるにはこのようなメニューを打ち出すことが大切です。

2.セール期間
昔は、週末の4日間くらいというのが多かったです。ところがそれではチラシ代がもったいないです。費用対効果から考えた場合、ロングラインで企画を組んだ方が良いです。しかし、問題があります。それは長期間の値引きなどをすると負担が大きくなることです。でも個人店などが行うのであれば、商品やメニュー、企画数を絞り込み期間を長くしても良いのではと思います。第一弾、第二弾と分けて、それぞれ最長1ヶ月くらいです。

3.周年企画を打つ時期
本当のオープン月に打たれる方もおられます。でも売上のことを考えると売上が高くなる月の前が良いです。ピーク月に打つと忙しさが増すだけで混乱します。だから、ピーク月は避けた方が良いです。売上が高くなる月の前に打ち、集客を図り、ピーク月に再来店していただくのが良いです。

あと注意すべき点は、売上が厳しいので周年企画を打って挽回しようとする場合です。お気持ちはわかりますが、できれだけ準備をして開催されることをおすすめします。また、周年祭は恒例行事にし、毎年お客様が楽しみに待っているくらいになるのが良いです。

周年祭は店にとっても大事な企画です。お客様に喜ばれ、なおかつ売上アップにつながるものにするためにも企画を練るということが必要な気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:周年祭
posted by ノムリエ at 05:45| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする