経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年10月18日

【食品・飲料のマーケティング戦略】なぜ食品・飲料を売る時には観光地からなのか?

食品を扱っている小売店や食品スーパー、売店などにおけばある程度売れるのではと思うかもしれませんが、ところがそれでは印象に残らないのです。

売店に気になる商品が置いてあってもそれは衝動買いしただけで、その商品の魅力に感動したわけではないです。

食品スーパーなどで変わった新商品があってもリピートさせるのは非常に難しいです。すぐに定番に戻ってしまうからです。

ところが、観光地で食べたもの、飲んだものは一生覚えています。

例えば、地酒やワインなど酒蔵で飲むと物凄く美味しく感じます。蔵の方の説明がストーリーとなって頭の中は最高のハーモニー状態です。その感動をそのまま家に持ち帰ります。写真などもたくさん撮られます。

その体験からいつかまた行ってみたい。また催事などでやっていれば買ってみたいと思われます。

観光はハレの場です。ハレの場での実体験は忘れません。宝物になります。
日常では体験できないもの、真似できないものがそこにはあります。

大手スーパーや百貨店などに置いてもらえば売れるのではという期待感がありますが、他社、他県の商品が頻繁に入れ替わりますので、それほど浸透して売れるということはないです。

また、東京や大阪の有名飲食店で扱っていただければそこから口コミで広がって行くのではと思いたいところですが、扱っていただける飲食店の件数が少ないため爆発的に広がるということはないでしょう。

地道に販売量を増やすのであれば、地元で売ること。地元で反響があれば、東京や大阪から人がやって来ます。

そうすると、地元の宿泊施設である旅館・ホテル・民宿等が大事になってきます。そういうところが力を入れてメニューを作ったり、売ったりすることで感動付きで広がって行きます。

この感動がミソです。人は感動しないとリピートしません。
特にハレの場で感動していただくことがマーケティング戦略では大切です。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:観光地
posted by ノムリエ at 11:51| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする