経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年10月17日

【生き残っていくための経営戦略】お茶碗を小さくする、新しいお茶碗を作るという発想が大事!

ダイエットはお茶碗を小さくすることからと聞いたことがあります。
若い時と同じ、大きなお茶碗に弁当箱。
もう部活の時代は終わっています。それでも懐かしく思い使っておられるのでしょうか?
学生時代に比べ運動量も減っているのに食べている量が同じというのは危険!

会社も同じです。アコーディオンのように伸ばしたり、縮めたりすることが大切です。
昔売れていた商品の幻想を追いかけてもしようがないです。販売量が落ちているのに担当している従業員数が同じでは生産性は上がっていないことになります。

会社は一度作ると右肩上がり大きくなるような幻想があります。厳しくなっても頑張れば乗り切れる。いつか大きくなれるのではと器を変えようとしません。

また、自社の商品・サービスが売れ続けるということはないです。必ず曲がり角が来ます。会社の業績も落ちることもあります。そういう時にどうするかです。今までやってきたものをそのまま残そうとすると利益は出ないでしょう。

再出発するつもりで一度すべてのものを縮小することも必要です。逆にV字回復されているところ、あるいは業績を大きく落としていないところはそれを上手にされています。

経営者というのは、一度手にしたものは手放したくないものです。でも会社の業績が悪いのなら自分から変わることが大事です。いつまでも高級外車を乗り回しているとさらに会社はおかしくなります。

お茶碗を小さくする。それを常に考えておくことです。
いつか小さくしなくてはならない時が来ます。

ただし、新しいお茶碗を作って下さい。新しいお茶碗とは、新しいビジネス、新しい商品・サービスのことです。

この循環が会社を成長させます。中小企業の大きな弱点は事業の柱が一つだけというところにあります。そのため業界動向の影響を受けやすく、業績が安定しません。

それと今の時代は、大きなお茶碗はいらないです。小さなお茶碗をいくつも持っている方が強いです。その方が時流の変化に対応できるからです。

私たちが学生の頃に使っていたアルミのドカベン。もうないです。
今は 保冷・保温付きの弁当箱です。食中毒対策までされています。
時代が変わっているということを認識しないと会社の業績を上げれないように思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:お茶碗
posted by ノムリエ at 05:57| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする