経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年10月07日

【中小企業の人事戦略】中小企業に人事部は必要か?

よく、人事部は必要でしょうかという質問・相談があります。

募集や採用、教育トレーニング、評価制度や人事考課表の作成など人に関する仕事がたくさんあり、専門の部署を置いた方が良いか悩まれているみたいです。

でも本当に毎日、人事の仕事がありますでしょうか?
社員数が多くなると忙しくなりますが、専属の人を数名置くだけの余裕はないと思います。

中小企業では、間接部門の増大だけは避けたいです。なるべく利益を生む部署を厚くするのが良いです。

では人事部はどうするかと言いますと、総務部が兼務するのが良いでしょう。また、従業員数が100人以下の場合、社長や幹部は全従業員の顔と名前を覚えるだけでなく、各人の就業状況や能力やスキルを把握しておくことが大事です。

大手企業では人事部を強くすることが大切だと言われますが、社員数が違います。逆に、人事部がないと回らないでしょう。

でも中小企業ではどうすれば良いかですが、定期的に人事戦略会議を行うことです。実際、営業会議はあっても人事会議というのはあまり開かれていません。人が足りなくなったり、給与改定が必要となった時などしか行われません。そのためいつも後手に回っています。

だから期初に人事戦略会議の予定も取って下さい。それと人事で大事なのは、社内整備だけでなく、他社事例からも学ぶことです。同じ規模のところではどういうことをやっているのか、それを調査・分析する必要があります。

人事は個性が出ると言われますが、個性が出過ぎるのも良くないです。
時代や時流に合った人事戦略を組むことが成長につながります。

経営は人です。人に関する会議や戦略、計画を立てること。
そのことについてもう少し社内で議論されても良いような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:人事戦略 人事部
posted by ノムリエ at 11:43| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする