経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年10月07日

【ホテル・旅館の営業戦略について】県外営業は営業リストの作成・営業電話から

よく県外へ営業に行かせてくださいという提案が上がって来ます。良いことだと思うのですが、営業先のリストはできているのでしょうか?

行きたいという気持ちだけではダメです。いきなり県外へ出かけて行ってもどこへ訪問されるのでしょうか?おそらく飛び込み営業など行ってもほとんど反響はないと思います。

まずは営業先のリストを作らないといけません。過去にご利用いただいたところやお付き合い先の観光関係の会社などのピックアップが必要です。

次に、お付き合い先だからと言っていきなり訪問するのは失礼です。あらかじめ電話を入れ訪問日時を確認することです。

実は、この時の電話で話が終わることがあります。訪問しなくても良い情報をいただいたり、実際に行動に移せることがあります。何もせず、お客様が予約を入れるのを待っているだけでは良くないです。定期的に電話を入れたり、メール案内が必要です。良いお付き合いをしていると情報も入って来ます。

会社として営業電話を奨励し、きっちりと報告が上がってくるようにすることが大事です。営業部門の長の方は、まめにこのことをやっておかないと数字は上がりません。

それと若手の方に電話のかけ方や内容について指導教育が必要です。おそらく、いきなりかけてもちぐはぐで要領を得ていない電話になりますので注意して下さい。しっかりと伝えたいこと、聞きたいことがきける営業電話にすることです。

電話が出来ていないのに、訪問はまだ早いと思います。お金がかからないものを徹底的にやってみて、それでも成果が出ない時に初めて出張です。

目標数字を達成していないのであれば、営業リストを作成し電話営業で反響を確かめて下さい。それが一番大切なことです。

外へ行けば取れる?
そんなに甘くはないです。
逆に社内にいてもできる営業を考えられてはいかがでしょうか?
県外営業に行かせて欲しいという声を聞くと、いつもそう思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:県外営業
posted by ノムリエ at 05:43| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする