経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年07月16日

【現場実行支援型コンサルタントの企業再生】販促費の予算化

経営改善計画書を作成する際にあらゆるものをカットして行くと思います。もうこれ以上、絞れるところがないくらいまでカットです。そこまでしないと利益が出ないというのもわかりますが、それで果たして再生できるのでしょうか?

私がいつも気にかけているのは、販促費です。販促費を0にして売上を上げようというのは無理です。厳しい状況であるのはわかりますが、販促費を今まで以上にカットしてしまうと事業が縮小するだけです。

例えば、ホームページを見直さないといけないという診断結果が出ているのに販促費が使えない。宣伝広告に力を入れないといけないのに販促費が出ないとなると売上を上げることができなくなります。

だから経営改善計画書を作成する際には、販促費を必ず予算化しておきます。金融機関にもこのことは説明し理解してもらいます。

販促費0の経営改善計画書というのはありえないです。実態に合っていません。

数字の羅列ではなく、本当に売上を上げて再生させるためには、販促費を使って早く利益を出すことです。

また、プロジェクト会議などでもやってみたい販促活動や販促費の使い道について議論します。その時も上限は設けません。どういう仕掛けがあるのか、あるいは必要なのかを話し合います。

窮状に陥っている会社ほど、販促が弱いです。利益が出ていないため、あれもこれも止めて行っていますが、そうなると悪循環です。

売上が下がり、利益が出なくなると最初にカットするのは販促費。無駄がないかどうかチェックされます。しかし、私の目から見ると、効果のある販促を考えたり見直すことの方が大事です。

会社を立て直すためには、通常よりも販促費を使わないと難しいというのが現実です。後は経営改善計画書の中にどれくらいこの費用を取るかです。

他の経費や人件費は削っても販促費は削らないこと。
販促費の金額で再生は決まるような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企業再生 販促費
posted by ノムリエ at 05:42| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする