経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年07月08日

【会社のマナー・ルールの徹底】使わないものは会社に返す

会社から支給されたもの、すべて使っていますか?必要でしょうか?

私も経験があるのですが、前職で転勤になって出社した時、机の引き出しを開けると文房具が丁寧に入っています。ボールペンまで入っています。また、使わないものまで入っていました。

どうしたかと言いますと、使わないものは総務に返しに行きました。ボールペンは使い慣れている自分のもので十分です。こんなに手厚いことをしていて会社は大丈夫なのかとふと思いました。

今までは、それが当たり前だったのでしょう。新入社員や中途社員、転勤で移動してきた社員に対しては、使わなくてもすべて揃っている状態にされていたようです。

机の引き出しの中、空っぽでも良いと思います。どうしても仕事に支障をきたすのなら、総務へ行ってもらってくるか、買ってもらえば良いです。

また、一般的な会社では、文房具類はフロアーの一カ所にまとめて置いてあることが多いです。そこから使えば何ら問題はないはず。一人に一個すべての文房具を与えるというようなことをしていると会社はおかしくなって行きます。

文房具だけに留まらず、他に会社が買ったもの、支給されたもので使っていないものは一旦、総務に返すべきです。気の付いた時にやれば良いですが、四半期ごとに総務担当の方が全社員に声をかけて協力してもらうのが良いでしょう。

同様に、店舗においても使わなくなったものの整理が大事です。毎月、使わなくなったものは倉庫へ片付けるなど、商品以外のものの棚卸もすべきです。

「使わなくなったものは会社へ返そう!」という大号令をかけてみませんか?

それが効率化の第一歩だと思います。

手厚い文房具で人は育ちません。会社の仕組みとルールを教えることの方が大事です。
甘えた社員が出て来ないように再度、注意されて下さい。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:ルール マナー
posted by ノムリエ at 05:40| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする