経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年03月21日

【経営数値の見方】増税前効果をどう測るか?

増税前は、売上は上がるでしょう。しかし、単純に前年の3月と比較しただけではわからないです。理由は、増税後の売上が下がるからです。売上が上がった以上に下がる可能性もあります。

実際には、3月と4月の数字を合わせて前年と比較する。あるいは2〜4月の合計で比較する。1〜6月の合計で比較するなどしないとわからないと思います。

増税前で駆け込みがあったと言っても安心できません。増税前よりも増税後の方が心配です。伸びる方は予測できても下がる方は予測できません。

今からでも4月以降の対策を考えておいた方が良いです。5月の連休などもレジャーにはお金を使ってもモノを買うというのは少し控えるかもしれません。増税前にお金を使ったのでやや節約という傾向が出るのではと思います。

この状況が夏まで続くと市場は停滞します。夏のボーナスまでは大型商品は動かなくなります。夏のボーナス前の6月など厳しいかもしれません。

どの店でも増税のため価格を見直しされています。ただし、大事なのはすべての価格を消費税アップ分上乗せせず、逆に安くするものを作ることです。

大手企業などでは、一部の商品を今以上に安くしてメリハリを付けられるようです。やはりお買い得感は大事です。このような状況だからこそ、効果のある戦略になります。

増税の年は、売上目標が立てづらいです。何が起こるか予測が付きません。1年終わってみないとわからないのではないでしょうか?しかし、それでもすぐに対策を打つことです。状況がわかったり、少しでも変だと気付いたら手を打つことです。

良くないのは、予想した数字に到達していないのに、じっとしていることです。常に対応して行かないと厳しいと思います。

3月だけ前年対比を上回り、他の月は全敗というのは避けたいです。3月も大事ですが、それ以上に他の月の対策を早めに考えておかれた方が良いかもしれません。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:増税
posted by ノムリエ at 05:02| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする