経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年03月14日

【気になるWebマーケティング戦略】購入人数とクリック数の表示

Amazonのアフィリエイトでちょっと気になることを発見しました。ジャンルさえ選んでおけば、そのジャンルの本がバナーとしてブログなどに貼り付けられるようになっています。さらに、その掲載部分の下に「購入人数とクリック数が表示」されています。これは魅力的だなぁと思いました。

この数字は非常に大事です。この数字を見て購買するかどうか決める方が多いと思います。クリック数だけでなく、実際に購入された方の数字が出ているとそそられます。

また、逆も言えます。クリック数は多いが購入されていないとなると、評価されていない点が何かあるということです。

同様に、例えば飲食店を集めたポータルサイトでもサイトを訪れた数と実際にそのサイトを見て来店されたお客様の数があれば理想的です。ただし、サイトを訪れた方の数はカウントできると思いますが、来店された方の数は自己申告になります。それに、その数字をどうやってアップするか課題が残ります。

でもこれは今一番知りたいことです。Webを見て何人、何組の方が来たのかということです。ホームページだけでなくいろんなWeb販促媒体を通してどれだけ来ているのか、数字をつかまないと費用対効果が把握できません。

紙媒体のクーポン券などは、その枚数をカウントすれば良いのでわかりやすいですが、Webは数字にするのが非常に難しいです。Web上のクーポン券を印刷して持って来ない方もおられます。店舗情報だけを見て店を選ぶ方がおられるからです。

そう考えるとAmazonは考えているなぁと感心しました。プロセスと結果が数字で表されているというのが一番安心です。それも嘘偽りのない、自然と出て来た綺麗な数字です。こういう仕組みが信用度を上げます。

掲載者を集めるだけのビジネスでは限界があります。店を掲載するだけでなく、そこから進化させて行く必要があるように思います。

人は、実数値に弱いです。数値を明らかにすればするほど信用が上がり、評価も上がります。そういうことができるサイトや企業はますます伸びるような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:03| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする