経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年03月10日

【飲食店の価格戦略】増税と食材費の高騰で価格を上げる場合の注意点

増税が間近に迫っていますが、増税よりも食材費の高騰の方が痛いのではないでしょうか?増税分は数パーセントですが、食材の高騰は数パーセントで収まっていません。

でも増税ということもあり、価格を見直すにはチャンスかもしれません。こういう時に変えておかないと、変える時がないです。変えたくても変えれない。できれば今の価格のままでやり抜きたいと思っておられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、今後のことも考えると今まで無理をしてきているメニューもあり、少しは適正な価格に見直されても良いかもしれません。ただし、すべてのメニューを値上げするとイメージが悪いです。少し戦略を練って価格を見直すことを考えられてはと思います。

例えば、値上げするメニューもありますが、値下げするメニューも考えて下さい。あるいは、集客販促のための特別お得なメニューや限定メニューなども作ってみて下さい。

全体的に価格が上がっているとイメージが良くないです。店の事情というのは、なかなかお客様には伝わりません。仕入れや調理を行っている店の方しか現実はわかりません。

それでも少しでもお客様に理解・納得いただける方法やまた来たくなる仕掛けが大切です。原価率が50%をはるかに超えているものも検討してみて下さい。

大事なのは集客です。客数が落ちると、店を立て直すのが難しくなります。だから、常に集客という視点で価格も考えて下さい。

特に安くなったメニュー、新たに初めたメニュー、特別お得なメニューなどは、店頭にPOPを貼ったり三角ボードなどで告知されるのが良いと思います。

あと心配なのは、この増税が今後何回続くかです。その度に価格を上げるというのは、ちょっと難しいかもしれないからです。

だから慎重にこれからも維持できる価格を考えることが大事です。数年に一度の価格の棚卸、しっかりと考えて新しい価格を付けて下さい。お客様は価格に対しては一番敏感だからです。

価格変更は、イメージが悪くならないように付けること。それが、価格戦略のコツです。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 11:35| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする