経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年02月07日

【中小企業の現場診断】会議のチェック

よくクライアント先の社長からが、うちの会議を見て下さいと依頼があります。まず、初回は、後ろで見ているだけです。意見や修正点を言うことはないです。その後、社長室で「どうでしたか?」と聞かれます。

正直、大手企業に勤めた経験がない方は、大手企業がどのような会議を行い業績を伸ばしているのかわからないと思います。特に二代目の経営者の方など、学校を卒業してすぐに家業を継がれると他社がどのようなことをしているのかわからないそうです。

それでいろんな会社を見て来ましたが、業績が上がっている会社は、予算会議を行っています。会議=予算会議です。今月はいくら行くのか?来月の見込みはどうか?3ヶ月のトータルの進捗状況はどうか?などどんどん詰めて行きます。

達成していない場合は、その理由と今後の対策を発表しないといけません。それも具体的に数字が上がりそうな内容でないと、さらに厳しく指導されます。

社長が伝えたいことを一方的に話をする。テーマを決めて議論をする程度の会議ではまだまだです。予算や数字を中心に話を進めることが大事です。常に予算表を事前に配布してそれを元に今後の対策を皆で考えて行きます。自分だけ、自分の部署だけ数字が達成していてもダメです。自分が達成しているなら、今度は会社全体で達成できる方法を考え実行に移すことが必要だからです。そういう高い意識を持ってもらわないと組織として機能しません。

それと予算会議は月1回ではないです。厳しい会社は毎週されます。月曜日の朝とか、金曜日の夜などに開催し、日々チェック管理されています。

いろんな会議がありますが、この予算会議を中心に計画を立てて行かないと業績は上がらないのではと思います。

うちのような小さな会社でもそこまでした方が良いですかとおっしゃますが、会社の業績を伸ばしたり、社員を一流の組織人として育てたいのなら、実施された方が良いでしょう。

中小企業の大きな弱点は、厳しさが足らないことです。大手企業ほど数字に厳しく、絶対に予算をクリアするんだという意識が強いです。

景気や業界動向が悪くて仕方ないという発想はされません。もしそうなら、新しいことを考え行動に移されます。

上記の会議チェック後の話ですが、他社がどのような会議を行っているかを説明させていただきます。その上で、予算会議の議長をしばらく務めさせていただき、あるべき会議の姿に近づけて行きます。

予算の立て方からチェック管理の方法、対策の打ち方まで提案させていただきます。会議が変わらないと会社は変わりません。業績も上がりません。

会社の立て直しは、この会議の見直しからされることをおすすめします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:予算会議
posted by ノムリエ at 11:48| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする