経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2014年01月30日

【新聞折り込みチラシの弱点】フリーペーパー会社のポスティング&折り込みが良い理由

最近、よく聞くようになりました。新聞折り込みチラシでは、新聞を取っている家庭にしか届かないということです。そうすると何万枚も撒いても届いていない世帯が出て来ます。商圏内で自店のことを知られていない人がいるということになります。

チラシ配布エリアが商圏という考え方もありますが、新聞を取らない人が増えているため何か対策が必要かもしれません。

一方、フリーペーパーを発行されている会社で設置型ではなくポスティング型の場合、全エリアをカバーできます。

ところがフリーペーパーの場合は、紙面が限られています。チラシのようにはいきません。また、通常、配布は月1回です。月末に配布されるところが多いです。

でもポスティング員さんを自社で抱えておられ、フリーペーパーに折り込んでくれるところもあります。配布エリアの希望を言うと、そのエリアにしか配布しませんので、経費も抑えることができます。

さらに良いのは、一般の家庭だけでなく事業所や会社にも配布してくれることです。これも
新聞折り込みよりも良い点です。

ただし、そのような会社は全国どこにでもあるわけではないので、調べる必要があります。新聞屋さんは全国どこにでもありますがポスティング専門の会社はあまりないと思います。

しかし、ポスティングというのは隙間マーケットで面白いと思います。後は、ポスティング員さんの囲い込みと教育、仕組みづくりができていないと混乱するでしょう。参入障壁は低いように見えますが、管理がたいへんだと思います。何百人というポスティング員さんを管理できるシステムをどう作るかが課題のような気がします。

さて、今までは販促というと新聞折り込みチラシというイメージが強かったですが反響率が下がって来ているため何か新しい対策が必要です。チラシの内容を見直すという方法もありますが、それ以上に新聞折り込みチラシは商圏内の全世帯をカバーしていないという弱点があります。それを克服する手段が必要かもしれません。

新聞折り込みチラシについての研究、今後ますます大事になってくると思います。チラシを止めてネット販促に切り替えれば経費はかからないかもしれませんが、反響率は落ちるでしょう。

アナログの方が効果があるものもあります。だから、アナログの媒体を止めるのではなく、進化させる、発展させるという視点で研究を進めることが大事ではないでしょうか。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:43| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする