経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年12月26日

【伸びている会社がやっていること】年明け一番に経営改善計画書の提出

年末、忘年会を実施し、モチベーションを上げる。賞与を支給し、喜んでもらう。これだけでは会社は良くならないです。常に危機感を持って経営に当たらないといけません。それも気持ちだけでは厳しいと思います。

実は、伸びる会社は、年明け一番に経営改善計画書の提出が義務付けされています。幹部社員以上は全員、年明けの始業日前に社長宛にメールを送るルールになっています。自由形式の場合もありますし、テーマ・内容を絞って提出する場合もあります。

年末はゆっくりしたいというのもわかりますが、経営は止まることはできません。おそらく社長の頭の中は休みなどなく、会社のことばかり考えておられると思います。

アイデアを出して下さいと募集して、口頭で答えたり、メモ程度のものではまだまだです。企画書や計画書レベルにまで落とし込んで提出するのが理想的です。

大手企業ではこの癖付けができているため強いです。年始だけでなく常にこのようなものを提出しないといけないルールが暗黙のうちにあります。

こういう厳しさを指導教育していかないと良い会社にはなりません。年始は、当然、会議からです。特に幹部会議を開き、提出された計画書を皆で揉むことが大事です。そのためには、1月3日までに責任担当者宛にメールで送り、それを幹部全員に送信し、年始の会議までに読んでおかないといけません。

日々の業務が忙しく、なかなか計画書のようなものは書けません。だから正月だけでも書いてみて下さい。書くと力が付きます。また数字などの面で見えていなかった部分がわかってきます。会社全体の動きや他部署の動きも理解でき、視野が広がります。

あるいは全社員向けに、改善10項目の提案の提出なども面白いと思います。採用された方には、金一封(社長賞として)なども検討してみて下さい。

年始が一番大事だと名経営者の方はおっしゃいます。良いスタートダッシュができるよう準備して下さい。

休み明けにどういうことをするか、それで会社は決まるとも言われます。是非、意義のある年末・年始にして下さい。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:計画書
posted by ノムリエ at 11:13| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする