経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年12月10日

【中小企業における問題発生と処理方法】社長の耳に届くと厳しい処罰が下されるので、社長のところへ行くまでに社内処理をしていませんでしょうか?

今、会社内において様々な問題が起きています。当然、一つ一つ解決して行けば良いのですが、その問題がうやむやになっていたり、勝手に処理されています。

会社で一番怖いのは、社長の耳に届くと厳しい処罰が下されるので、社長のところへ行くまでに社内処理をしていませんでしょうか?

社内面談やアンケートで、「何か問題になっていることはありませんか?」と聞いても「別に何もありません」と返って来ます。一見、良い会社のように見えますが、実態はわかりません。

もし何か隠しているなら、業績低迷以上に根の深い問題です。少しでもそういうことが起こると、何でも隠そうとする風習ができます。問題が起こっても社長の耳には届かないようになってしまいます。

経営数値だけで会社を判断したり、評価することはできません。目に見えない問題が発生していないかどうか、社内ルールはどうなっているかをチェックする必要があります。

また、もし問題が起きても就業規則の服務規律に沿って対応すれば良いと思っているとたいへんです。表面に出て来たものしか処理できないからです。

処罰が下されるのは可愛そうと思ってかばい合っているとますます会社は良くなりません。それにかばってくれる上司や先輩が会社内で大人気になっていると危険です。何か違っている方向に進む可能性があります。

中小企業では、就業規則などに頼らなくても社長の判断がすべてです。日々、ジャッジを繰り返し、大きな問題、複雑な問題だけを就業規則で解決すれば良いです。

そのためには、日々起こっている問題がストレートに社長のところに上がってくるようにすることが大事です。どんなことがあっても隠さない。自分で解決しない。部内で解決しないことが大切です。

逆に良い会社は、問題を起こしたこと以上に隠したことに対して大きな処罰を下されます。問題を起こしても社長には素直に伝えることが絶対ルールになっています。

今一度、どういう問題が起きているのか調査してみて下さい。未処理で止まっているもの、隠しているものがないか確認して下さい。

業績が良くても隠す風習がある会社は、数年後、業績は落ちて行きます。社長が先頭に立って、理想の報告のあり方について再教育されてはと思います。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:問題
posted by ノムリエ at 11:08| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする