経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年12月01日

【米屋の二代目・三代目が苦戦する訳】師匠は自分の父親?

米屋さんの息子さんを見ていると、少し心配になることがあります。何代もお米屋さんをされ、立派な暖簾やブランドがあるのに売上は苦戦されているということです。米マーケットが縮小していることもありますが、何か原因があるように感じます。

こんな不景気で米が売れない時代にでも伸ばしておられる米屋さんがあります。いろいろ分析してみると、やはり勉強量の差のような気がします。

通常、お米屋さんの二代目・三代目は自分の父親が師匠です。親のやって来たことを守ることに必死です。ところがそれでは限界が必ず来ます。自分が店を任された時には、何か新しいことにチャレンジしないと売上は伸びません。

よく米屋さんの跡継ぎの方は、学校を卒業すると、米卸売や食品関連の会社に修行に行かれます。そこで社会人経験をして、家業に戻られます。しかし、それだけでは社会人の勉強をしただけで、米に関する勉強はどこまでできているのでしょうか?

伸びている米屋や繁盛している米屋を自分で探し、勉強させていただくことが大事です。あるいはそういうお米屋さんがたくさん参加されている会合に積極的に参加し、学ぶことが必要です。

なかなか自分の殻を破れない、親のやってきたことに良い意味でのプラスαを出せないと悩んでおられる方も多いと思います。

父親の同業者の知人を訪ねるのは簡単ですが、それでは勉強になりません。自分から頭を下げて勉強させていただけるところを見つけて下さい。

それもできるだけ若いうちに行動を起こして下さい。年を取ると、体を動かすことができなくなり、人に頭を下げるのも嫌になるからです。

こんなに業界動向が悪いのに、業績を伸ばされたり、店を出されたりしている米穀店もあります。師匠は父親だけではないと思います。全国の米穀店、あるいは経営者からたくさんのことを学ばれてはと思います。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:師匠
posted by ノムリエ at 12:48| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする