経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年11月30日

【業績低迷からの脱出策】今まで主力商品だったものが売れなくなった

今まで主力商品だったものが売れなくなる場合があります。それも何年間も続けて少しずつ落ちて行きます。いつか底になるだろうと思っていても一旦落ち出すと回復させるのは難しいです。

それに主力商品の場合、頑張れば元の数字になるのではという期待感があります。しかし、いつまでも売れ続けるということはないです。会社として今後どうするのか検討が必要です。

例えば、その主力商品の未来予測を行ってみて下さい。調査・分析を行い、どのようになって行くのか予測しないといけません。その上で、組織のことも考えることが大事です。

今後もマーケットが縮小し、ピーク時の数字に戻すのが難しいのであれば組織の縮小も考える必要があります。ただし、縮小するのは簡単ですが、余剰人員をどうするかです。他の部署に異動ということも考えられますが、それでは売上は伸びないでしょう。

窮状に陥っている企業ほど、新商品が出ていないという傾向が強いです。出そうと思ってもなかなか出せなかったのだと思いますが、主力商品に頼り過ぎるとマーケットが変化した際、対応できなくなります。

できれば新商品会議などを行い、計画的に新商品を出すことが大事です。ただし、主力商品と同じような売上は最初から期待しないことです。新商品を出し続けることに意味があるからです。

新商品が出ると組織が活性化して行きます。社員の方も新商品が出るのを待っておられます。硬直した組織、暗い社内を変えるには、新商品の投入が欠かせません。

主力商品がどこでピークになるのかそれを読むことが大切です。ピークになる前から組織を再編し、次の商品づくりのために人を投入することが理想的です。

ピークを過ぎた商品を活性化させるのは非常に難しいです。主力商品に頼った経営が一番危険だとも言われます

新しいものを生み出して下さい。そういう新しいものがどんどん出て来る社風を作ることが大切なような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:主力商品
posted by ノムリエ at 05:36| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする