経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年11月27日

【飲食店経営の内部留保】経営する時間を作っていますか?

毎日毎日、何かしら支払いを行っているのでお金は出ていくばかり。預金通帳にもお金が貯まって行かない。

それに飲食店では、季節指数の変動が大きく、売上の高い月もあれば低い月もあります。低い月は赤字になることもしばしばあると思います。年間通してやっと黒字になるかどうかという店も多いと思います。

そうするとなかなか内部留保というのは難しいように見えます。しかし、日々の営業をしっかりとやるだけでは経営になっていません。もう少し計画を立てることが大事です。

例えば、2店舗目を出そうとか、店舗展開を考えておられる方は、必ず年間の最終利益を計画化されています。どれだけ利益をプールしないと次の店が出せないか数字を出しています。

売上よりも利益です。それも通帳の記載されている数字がすべてです。その数字を増やして行くことが大切です。

具体的には、毎月損益計算書を出して下さい。税理士の先生などに依頼されているのであれば、その損益計算書からどのようにして利益を出して行けば良いのか毎月アドバイスをもらって下さい。

2つ目は計画書を必ず作ること。計画書通りに行かないので作らないというのは良くないです。期中でも良いです。すぐに作ってみて下さい。

それともう一つあります。営業だけでなく経営する時間を作って下さい。損益計算書や計画書の進捗状況などをチェックする時間です。机に座って考える時間を作ることです。

飲食店オーナーは、調査のための食べ歩きは大好きですが、経営が大好きですという方は少ないです。個人商店で終わらず、会社として経営するのであれば、経営についても興味を持たれマネジメントを強化する必要があります。

内部留保しようと思えば、数字のチェックを怠らないこと。甘い経営をしているとお金は貯まりません。数字を見るのが好きになることが一番大事なような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:内部留保
posted by ノムリエ at 05:52| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする