経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年11月13日

【民宿経営の販促戦略】具体的な販促企画の手順公開!

まず、販促費はどれくらい出せますでしょうか?そこから考えないといけません。現実的には、できるだけお金をかけずに実施できるものを考えないといけません。

そうすると、チラシやビラを作るという方法が考えられますが、それを作成し新聞折り込み入れると結構お金はかかります。また、チラシをポスティングと言っても街中ではないため、配ることは難しいのではと思います。

では、通常業務を行いながらできて、お金がたくさんかからないもの。一つはダイレクトメールです。ハガキをお客様に送ると思って下さい。そこでハガキの作成の仕方から送り方までの手順を紹介させていただきます。


ハガキの送り方の手順

1.顧客名簿を整理する。
民宿の場合、様々なお客様が利用されていますのでそれを仕分けして下さい。お客様別に内容も変わってくるためです。まずは、以下のように分けてみて下さい。
@観光客
A仕事客
B地元の宴会客
Cその他

2.顧客名簿をパソコンに打ち込む
家族も含めて難しければ、できる人にお願いして下さい。パソコンを触れる方であれば誰でもできるレベルの仕事です。ただし、お手伝い料はお渡しすることを考えておいて下さい。

3.販促企画を練る
上記の顧客対象別に、販促企画の内容を考える必要があります。また、全顧客に出しても意味がないので、当たりそうなところに絞って下さい。例えば、観光客と地元宴会客などです。
特に大事なのはメニュー内容です。冬場の鍋の食材など個数まで丁寧に書かれているとわかりやすいです。

写真を撮り、カラーではがきに印刷できれば良いですが、これでは少しコストがかかります。コストを抑えるならば、文字だけでも良いです。メニュー内容を詳しく書いて下さい。それも一つではダメです。最低3つ以上のメニューを書いて下さい。

宴会も同様です。金額とメニュー内容を3種類以上作って下さい。できれば、追加で注文できるメニューなども記載して下さい。

それと、メニュー内容はインパクトのある高級食材が良いです。都会で食べるよりも新鮮で安いということをうたって下さい。

4.ハガキのタイトルと簡単なあいさつ文
ハガキのタイトルもちょっと派手に書いて下さい。
例えば、「獲れ立て鮮度抜群のふぐのフルコース」「民宿で豪華カニ三昧」等々・・・
あいさつ文は普通で良いです。長くならないようにだけ注意して下さい。お客様はメニューの内容と価格だけに興味があります。

5.ハガキの作成
ハガキの裏面に企画内容を印刷しないといけませんが、これも簡単です。パソコンができる方なら作成に1時間もかかりません。表面の宛名印刷もパソコンで簡単にできます。

6.ハガキの投函
後はハガキの投函です。いつ出すかです。また一度に全部出すのかどうかです。一度に出して電話が一気にかかってきて仕事にならないということもありますので、何回かに分けても良いと思います。

夏場と冬場、最盛期前にハガキを出すのが一番効率的です。是非一度、検討されてみて下さい。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:民宿 ハガキ
posted by ノムリエ at 13:47| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする