経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年11月11日

【駅弁に関する商品戦略】企業の技術力でオリジナルものを作ることが大切

昔はよく食べました。出張帰りは必ず駅弁。一つの楽しみでした。駅へ行くと必ずその地方の駅弁が売店に並んでいました。

ところが、都会などでは、駅売店はコンビニ化が進んでいます。地方都市でも駅前のコンビニに押されている感じがします。

また、駅売店などでは販売量が少なく、少し時間が遅くと売り切れです。でもある程度の量を販売しないと売上につながらないため、新しい販路で販売されています。

最近は、駅弁は駅売店ではなく、食品スーパーや百貨店でよく見るようになりました。駅弁祭りなど頻繁に開催されています。有名な駅弁は、観光地へ行かなくても都会で十分買えるようになっています。

しかし、そこでもライバルが出現しています。それは空弁などの新しい弁当です。こちらも好調のようでよく売れています。

さらに食品スーパーが、この駅弁を似せたオリジナルの弁当を作り出しています。ブランド力がないだけで、味は元々惣菜を作られているので美味しいです。それに価格は駅弁の半値程度。

駅弁などでは、「○○焼肉弁当」という商品が多いですが、焼肉弁当では差別化が厳しいと思います。○○和牛使用と書いてあっても焼肉で違いを出すのは難しいです。そのため、真似されやすいです。

食品スーパーなどでは、惣菜や弁当を作るのは得意なため、人気の弁当で真似できそうなものをオリジナルで開発し、半値で売れば売れるでしょう。駅弁が1000円とすれば、その半値の500円。食品スーパーの弁当の売れ筋価格が約280〜380円とすると、十分作れるように思います。また、地元の方の好む味や調味料の加減を知っているため強いです。

地元の食材を使って地産地消と言っても同じようなものができるのであれば、差別化は難しいです。

駅弁も他社が真似できないオリジナルのもので特徴のあるものでないと売れなくなるかもしれません。それくらい企業の技術力とオリジナル性が問われているような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:駅弁
posted by ノムリエ at 11:55| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする