経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年10月24日

【企業倫理が順守される会社づくり】商品とお金は担当者が管理するのではなく会社が管理すること

仕入れから値付け販売、在庫に至るまで担当者の方が管理しているということがよくあります。仕入れや売上、在庫に関する数値データもしっかり出し会社に方向を上げていたとしても任せっきりにするのは良くないです。

誰が見てもわかるように、誰がやっても同じになるようにしないといけません。一担当者の裁量ですべてが決まっているという状態を作らないことです。

経理の場合も同じで、優秀な担当者がおられても会社が管理できる状態を作らないといけません。もしその優秀な方が体調を壊された時、対応できなくなります。

優秀な方ほど、人を育てて欲しいです。自分の代わりができる人を育てることが大事な仕事になります。

それにできる方ほどわかると思います。この仕事は自分だけでやっているので良くない。誰でもできるようにしないといけないと気付くはずです。そういう意識の高い人を育てて行かないと、すべての業務を抱え込みチェックできないようになります。

見えない状態のものを絶対に作らない。記入されている数字も信用しない。自分の目で確かめない限り、実際はどうなっているかわからないと思い管理を強化すべきです。

中小企業ほど、プロの方に任せっきりというのがよくありますが、そのプロの方を管理するのが会社です。

会社がチェックできる体制を常に作り、どうなっているのかがわかるようにすることが大切です。

商品とお金は担当者が管理するのではなく会社が管理することとよく言われますが、その通りだと思います。

甘い管理体制が業績低迷や企業崩壊につながります。もう一度、お金と商品がどうなっているのか調査されてみてはと思います。

弊社が企業再生の調査分析を行う場合もそこからメスを入れて行きます。社内で聖域を作らないこと。この仕事は俺にしかできないという人を社内で作らないこと。その点に注意して社内体制のあり方を見直されてはと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企業倫理
posted by ノムリエ at 13:35| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする