経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年10月23日

【企業経営の生命線】企業倫理の向上が大切

企業倫理について議論したり、見直す場を設けていますでしょうか?良くないこと、間違っていることを素直に認め改める企業体質が大事です。

これくらいなら良いだろうという判断が一番良くないです。それにわかっていても言い出せない。皆同じようにやっているのだから問題はないだろうというふうになると企業倫理は薄れて行きます。

特に中手企業の場合、トップが組織のすべてを掌握していて、意見を言えるような状況でないということがあります。

わかっていても社長に言えない。社長から切り出してくれれば、こちらとしては動きやすいのですがという方もおられると思います。

業績が順調であっても大切なのは企業倫理です。企業がピンチに陥るのは外的要因よりも内的要因からの方が多いです。一度社内に問題が発生すると、様々な問題が次から次へと出て来ます。

うちの会社はこんなに問題の多い会社だったのかと社長が頭を抱えられます。売上重視で経営していると、どこかで歪が出て来ます。組織が大きくなるにつれて目の届かないところが出てきて、わからなくなっていることがあると良くないです。

四半期に一度は、企業倫理向上会議のようなものを開催されることをおすすめします。まず会議の前にアンケートを取ります。会社における倫理上の問題点をすべてあげていただき、それをまとめます。

出て来たアンケート案について今度は、幹部の方が目を通し、優先順位を付け会議に臨みます。意見が出て来る場合は徹底的に議論し改善を図ります。意見が出ない場合は社長から会社のあるべき姿を説明されてはと思います。

直接、業績に表れないもの、目に見えないもの、数字で表すことができないものというのは、誰も手を付けない傾向があります。しかし、伸びている会社ほど、厳しく教育されていることも事実です。

それらを一つずつ改善して行くことで組織を強くして行く必要があります。例えば、お客様が来社された場合は、全員で起立して挨拶をされるところもあります。棚卸表は、四半期に一度は役員の方同席の上で実地で棚卸をされるところもあります。

それと何でも良いです。気が付いた時に誰かが発案して正すことです。朝礼でも良いのではないでしょうか。そういう社風を作って行くことも企業倫理向上においては大事だと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企業倫理
posted by ノムリエ at 05:54| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする