経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年10月17日

【競合店に左右されないマーケティング戦略】自店の長所を徹底的に伸ばす戦略を考える

よく競合店を気にされる方がおられます。競合店のやり方を分析して、そこから自社の商品を開発されようとしているのだと思いますが、自社の方針・方向性は決まっていますでしょうか?

競合店を分析する前に、自店のマーケティングにおける棚卸が大事だと思います。
1.今やってみたいこと
2.絶対に自信のあること
3.今まで長期間に渡って売れているもの
そういうものを書き出してみて下さい。さらに、その長所の部分を伸ばす戦略を検討して下さい。

競合店との兼ね合いもあると思いますが、理想で結構です。自店の長所をどうやって伸ばすかという視点で組み立てて行くことが大事です。

競合店に真似られるのではとか、自店よりも安く出されると勝てないという心配があると思います。でも競合店が真似しても価格を安くしてきても勝てるものを作るべきです。

そうしないと、いつも競合店と価格を合わせないといけなくなります。気になって気になってしようがないというくらい悩まれる方もおられます。

価格が少々高くても納得していただけるものを作るということが大事だと思います。価格競争に巻き込まれるとどうしても小さなお店は勝てません。

だから新メニューを作る時は、最初から原価計算しない。販売価格も決めずに、作ってみたいものを作ってみて下さい。微調整はそこからです。

原価35%以内に収まるように作ろうとすると、お客様の目を引くようなものはできません。お客様がビックリ、ドッキリするようなものを作ってみて下さい。それも絶対に真似できないと自信があるものに仕上げて下さい。

競合店を真似る、比較するのではなく、オリジナルでオンリーワンのものを作ることが今後の戦略の中で一番大事になってきています。

オリジナルでオンリーワンのメニューができると競合店が気にならなくなります。後はそのようなメニューのファンを作ること。

迷っている時こそ、自店の長所の棚卸をして方針・方向性を出されてはと思います。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:競合店
posted by ノムリエ at 13:09| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする