経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年09月17日

【飲食店の売上アップ策の悩み】テイクアウトのサンドウィッチの販売

パンではなく、ごはんを提供しているお店がテイクアウトでサンドウィッチを始めようとされる場合、注意が必要です。

例えば、焼肉店が自店の自慢の肉を使ってカツサンドを販売しようとされます。良いアイデアだと思います。折角、サンドウィッチに合う肉を持っているなら何とか販売したいです。

ところが、ごはん系のメニューよりも実はパンの方が難しいです。カツサンドのようなメニューを提供する場合、パンを焼いて提供するのか、焼かずに提供するのかそこでまず迷います。

焼いたパンに揚げたカツを挟んで提供した場合、アツアツは美味しいですが、冷めると焼いたパンはもう一つです。

逆に焼かずにカツを挟んで提供するとパンの美味しさが保たれますが、今度はパンの鮮度が良くないと美味しくないです。毎日、パンを仕入れて販売するくらい売れないと鮮度を維持できません。

そうなると毎日ある程度売れないと回転率は悪くなります。しかし、パンが専門ではないのに、どんどん売れるということはないです。サンプルなどを飾っていてもたまに売れるくらいです。

だからサンドウィッチの話が出ると、十分に話し合いを行います。どんなに自慢の商品が出来たとしても販売するのはかなり難しいです。そのため、予約販売されているところが多いです。

お持ち帰りのメニューとしてはサンドウィッチはぴったりのように思えますが、なかなかハードルの高い商品です。

本当に毎日数個ずつでも売れるという確信がないと販売されない方が良いかもしれません。
ごはんを提供している業態であれば、ごはん系のテイクアウト商品に力を入れた方が可能性が高いような気がします。

くれぐれもサンドウィッチやパン系のメニューは注意された方が良いと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 11:24| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする