経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年07月22日

【経営相談で大事な確認事項】毎月の返済額はいくらですか?

個人店や中小企業の場合、申告書や決算書の売上や利益を見るだけでは良くないです。大事なのは毎月の返済額です。売上が高く、利益が出ていたとしてもそれ以上の返済があると経営は厳しいです。

実際には、返済額から逆算して必要利益額や必要売上高を出しています。この方が現実的です。損益分岐点という経営指標を用いても現預金が残っていないと意味がないからです。

一見、繁盛していそうな店があっても返済に余裕があるかどうかはわかりません。借入れが多く、毎月の返済がきついかもしれません。

特に個人店の場合は、現金が残る形を提案させていただいています。無理をしてもしようがないです。だから店舗規模を小さくし、移転を考えていただくということもあります。月々の家賃が下がれば、経営的には楽になります。

人件費のカットはすでになされており、諸経費も切り詰めているならば、後は家賃しかないです。家賃交渉して下げてもらえればよいですが、それができない場合は、移転も有りだと思います。

キャッシュアウトを極力少なくすることが大切です。お金を出て行かないようにする。お金が少しでも残るようにすることです。

最近の経営相談で多いのは、この返済負担と家賃負担についてです。返済は金融機関との交渉になりますが、あまり大きな期待はできません。だから自助努力でできることをどんどん進めて行きます。

身の丈に合った経営にすることができるかどうかです。一度縮小する、やり方を変えてみるというのも一つの方法です。

良くないのは、何も変えず、苦労ばかりが積もって行く経営です。少しでも負担を少なくすることも考えられてはと思います。

現預金が少しでも増える経営に切り替えることが大切なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:返済
posted by ノムリエ at 12:00| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする