経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年07月22日

【店の立て直しは身内の協力からスタート!】こんなに売上や利益があるのにお金が残らない理由

従業員を雇用し、店をやっていて赤字の場合、やはり人件費負担が大きいです。できれば店を縮小したり移転して、ご夫婦だけで再スタートされるのが良いと思います。それでも営業上、人が必要というのであればパートさんやアルバイトさんで対応されて無理をしないことです。

たまに経営相談で決算書や申告書の数字を見せてもらうとびっくりすることがあります。売上は凄くあるのに利益がそれほど出ていません。出た利益はほとんどが返済に回り、内部留保や貯金はほとんどできていないとおっしゃいます。

個人経営の場合は、現預金の残額が大事です。決算書や申告書の売上や利益なんて関係ないです。綺麗な数字が並んでいると、借入れしやすいかもしれませんが、なかなか銀行も貸してくれません。だから、どうやってお金を残して行くかということを考えるべきです。

そういう時は、必ず店の縮小を提案させていただいています。あるいは、従業員やスタッフを身内の方だけにしてもらいます。

ちょっとしたことなのですが、後もう少し売上を上げよう、接客して売ろうという姿勢があるかどうかです。身内で意識を統一し、少しでも売上を上げ、皆が幸せになろうと一致協力することが大事です。

雇用する場合も身内の方にまず声をかけて下さい。信頼のおける人、同じ考えを持っていただける人に助けてもらって下さい。

その方が気が楽です。他人を雇用し、売上や利益を上げるのはたいへんなことです。店舗展開や規模を追いかけないのであれば、できるだけ身内でお金を稼ぐことをおすすめします。

いつもこの話をさせていただくと、「やっぱりそうですか?」とおっしゃいます。苦労ばかりしてお金が残っていない。返済ばかりに追われ、何をやっているかわからないと思ったなら、やり方を見直して下さい。

身内の方というのは、当然、良い面も悪い面もあります。しかし、お金を残したいのであれば、必要な時にだけ助けてもらえる身内というのは助かります。

無理をせず、お金を残すという商売の方法もあると思います。お金が残らないと悩まれたら、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:立て直し
posted by ノムリエ at 05:27| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする