経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年07月01日

【飲食店で売上の差が付く原因】商品チェックの大切さ

例えば、大手チェーン店の場合、どこへ行ってもメニューは同じはず。企画もほぼ同じだと思います。ところがお客様から見ると違います。厳しい目で判断されます。きっちりと盛り付けされていないと良い店と評価してくれません。

店長はじめスタッフは、自店で当たり前のように仕事をされていますので、レベル感がわからない時があります。部長やマネージャーが臨店した際に指摘を受けると気付かれますが、自主的に気付いて欲しいです。

個人店の場合は、店主やオーナーが自分の納得の行くものしか出されません。厨房で直しておられる風景をよく見ます。

ところが大手チェーン店になると甘さが出ます。教えられた通りにやっているつもりでもお客様から見ると良くない状態の時があります。

同じタイプ、同じ席数なのに売上が違う。商圏人口もほぼ同じだとすると、原因は商品にあると思って良いでしょう。

本社や本部から企画がどんどん来ます。それを消化するので精一杯になり、肝心の商品が甘くなっていると売上は下がって行きます。

私も仕事で店を回った時よりも一顧客として食事をした時の方が、いろいろ気付きます。当然、店側も私を意識している訳ではないので、普通に出されているものを私にも提供されているからだと思います。

毎日真剣勝負、一品一品真剣勝負!そういう気概がないと売上が下がるかもしれません。全商品を店長が見ることはできませんが、チェック体制を厳しくされた方が良いと思います。

それと個々人の力量も違いますのでトレーニングも必要です。また、商品基準も明確に決めてそれを順守することが大事です。

やはり売上は商品で決まると思います。お客様から綺麗と見えるものしか出さない!そういうルールがあっても良いような気がします。

**************************************************
私たちはお客様の売り上げアップをサポートする会社です!
パリッシュ+WEBはこちら
株式会社フェム / 情報誌パリッシュ+編集部
〒524-0013 滋賀県守山市下之郷3-6-20
TEL/ 077-514-1100  FAX/077-514-1115 web@epolish.net
ツイッター こちら
フェイスブック こちら
**************************************************
ラベル:商品
posted by ノムリエ at 12:00| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする