経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年06月28日

【問い合わせ内容から思うこと】評価制度や給与体系は本当に必要か?

評価制度も問い合わせが多いです。なぜか相談内容も同じような感じです。

能力や経験に応じた給料体系にしたい。
明確な基準を設けたい。
アップさせる時のルールを作りたい。
できるだけ世間並、同業者と同じレベルにしたい。
というような内容です。

ところが、人事制度・給与体系を整えたとしても業績が上がるかどうかはわかりません。従業員の方の満足度は上がるかもしれませんが、その先が心配です。

給与だけを見直すのは簡単です。しかし、大事なのは業績を上げることです。このことはどの業界にも言えることだと思います。

給与の相談があっても業績をどうやって伸ばせば良いのかという視点でいつも見させていただいています。

特に、総務部の方からお問い合わせの場合、社長に確認されて連絡をいただいているのか心配になります。中小企業では、社長決裁がすべてです。社長が調べて欲しいと言っていない段階で、担当者の方が必要だと思い調査を始めると良い結果を生みません。給料のことですから慎重に進められることをおすすめします。

評価制度や給与体系を見直す前に、業績を上げるための計画書や具体策が必要だと思います。また、同時に会社方針や事業計画なども必要になって来ます。

評価制度や給与体系は、事業が順調な時、利益が出ている時に手を付けられるのが良いと思います。業績低迷時には手を付けることはできません。理由は、昇給昇格者が出て来て人件費負担が大きくなると、さらに経営状態が悪化するからです。

給料を見直すと業績が改善されるようなイメージを持たれている方も多いようですが、なかなか給料の見直しだけでは解決しません。

とりあえず、業績を上げる。それから考えられてはいかがでしょうか?

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:23| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする