経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年06月02日

【成長する会社の教育法】大きなところから説明する

なかなか売上が伸びない。会社が大きくならない。真面目に真剣に仕事に取り組んでいるのに結果が出ていない。どうすれば良いのか悩まれている方も多いと思います。

実は伸びている会社の教育法には特徴があります。それは、大きなところから説明するということです。例えば会社の方針や取組状況について説明する。そこからです。

中小企業の場合、どうしてもできていない部分を改善しようとされます。間違ってはいないのですが、それでは作業になってしまいます。社員の方は伸びなくなります。

会社の方針などは、朝礼や会議で言っているのであえて言わなくても理解してくれているだろう。それにわざわざ時間を取るのはもったいない。それよりも目先の仕事をこなすことの方が大事と言っていると会社は伸びなくなります。

それともう一つ大事なのは、会社の方針や取組状況、目標数値など公表できるものは書面にして渡し、説明することです。

大手企業では必ずレジメというものがあり、それに沿って説明されます。毎月、そのようなものを作る時間がないと言っていると大きくなりません。社員も成長しません。是非、社長がペーパー1枚で良いのでレジメを作って下さい。

大きなところを教えないと、スキルは上がるが会社の一員として活躍するのが難しくなります。小さな会社ほど要注意です。いつも顔を合わしているから大丈夫だろうではなく、時間が空いた時に会社の方向性について語ってあげて下さい。

社員の方も作業ばかり振られて、会社はどうなっているのだろう?これからどうなるのだろう?と不安に思っているかもしれません。

それと経営理念や経営方針を掲げるだけではダメです。具体的なところまで落とし込んで方向性を明確にして下さい。

社員を育てようと思うと手間暇がかかります。一つずつ丁寧に、大きなところから噛み砕いて説明して下さい。それが会社を成長させる一つのコツです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:成長
posted by ノムリエ at 04:46| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする