経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年05月19日

【企業の再生・立て直しのポイント】販促予算の見積もりと販促会議のスタートから

決算書を見せていただくと、コストカットや人件費カットを行い、ギリギリまで切り詰めておられる場合があります。それはそれで企業努力をされた証なので良いと思いますが、でも出口は見えておられるのでしょうか?

特に、販売促進費や広告宣伝費を使っていない決算書を見ると心配になります。他のものはカットしても販促費だけではカットするとたいへんです。伸びしろがなくなってしまいます。

具体的な施策を打たず、業界動向だけが良くなり回復するということはないです。コストカットだけでは限界があります。その先のことも考えておかないといけません。

だから弊社では、常に販促費はたっぷり取ってもらうようにしています。実際に使わなければそれは利益として残りますので大丈夫です。

逆に販促費を一番先に削ろうとされます。使わなくても良いだろうという判断だと思いますがこの発想は危険です。販促費は額ではなく使い方です。新しい形の販促企画を考え打ち続けないと業績を維持させることは難しいです。

立て直しを図る場合は、まず販促費がどれだけ取れるかそれを算出して行きます。無理のない範囲で販促費を取ってもらいます。

その次にその限られた販促費の中で何ができるかを検討して行きます。どうやって削るかではないです。どうやって活きた販促費にするかを議論します。

皆さん削ることが当たり前になっています。それでは伸びません。どういう販促が効果的なのかそれを常に研究すべきです。

そうするといつしか販促会議がスタートします。過去のことは忘れて一から販促を組み立てて行きます。出るかどうかわからない販促予算ですが、とりあえず会議はスタートします。

会議を行っていると、売れない理由は販促が弱かったということがよくあります。販促に力を入れるというのは鉄則です。

損益分岐点を下げることばかりに目が行き、販促費や今後の事業拡大策が打てていないことが多いです。コストカットだけでなく、販促費中心に立て直しを図るという考え方を持つことも大事なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:25| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする