経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年05月14日

【マーケティング戦略の一考】過激な値引きはリピーターにつながらない!

過激な値引きで集客したお客様はリピーターになるでしょうか?

店舗運営で一番大事なのは、リピーターづくりです。リピーターにつながらない企画はやらない方が良いのではと思います。

特にサービス業の場合、1日あたりの客数に制限があります。どれだけお客様が来てくれても大丈夫という商売ではないです。

店の空間やスペースを利用していただいているわけですから、そのあたりも計算された方が良いと思います。

それにもっと怖いのは、そのような過激な企画を打ち、お客様でいっぱいになると、いつもお越しになられていた常連のお客様が来られなくなる可能性があります。

「ゆっくりしたかったのになぁ」とおっしゃって帰って行かれます。どんなに客数が増えても常連のお客様を失えば痛手です。

過激な値引きをすれば客数が増えるのはわかっています。ただし、それだけで終わらせないような仕組みや対応が大事です。次につながるかどうか、そういう視点で判断されても良いような気がします。

本当に過激な値引きをする必要があるのでしょうか?やったとしても「半額」で十分ではと思います。

それと良い店ほど、過激な値引きはされません。逆に値引き率が少ないです。それでも反響が高いです。それはお店に対する信頼感があるからだと思います。

販促・企画を打つ前に、信頼感のある店づくりというのも考えないといけません。安くしてお客様を呼ぶ。苦戦し出すと販促に頼るというのはあまり良くない傾向です。

過激にすればするほど、お客様は目移りします。同様の企画か、それ以上の企画を探されるからです。

小さな企画で、少しお客様が増え、その方がリピーターになられるというのが理想のような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:リピーター
posted by ノムリエ at 05:29| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする