経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年04月19日

【人材育成のコツ】能力やスキルの高い人よりも素直な人を育てよう!

昔からよく言われていることがあります。それは「素直な人を育てよう!」ということです。どんなに能力が高くてもダメ!自分はできていると思っている人ほど要注意です。

理由は、そのような人は他人の言葉に耳を傾けません。自分が一番正しいと思っているからです。それにそういうふうに思っている人は、外部の方に対しても言葉の端々に傲慢なところが出てしまいます。

社長はいつも「素直になろうね」と朝礼や会議でおっしゃっているみたいですが、なかなかそれが伝わっていません。

「はい、わかりました。一度やってみます。」と言えば良いのですが、出来ない理由、やりたくない理由を述べる人は高評価を得られないでしょう。

何か言われると拗ねてみたり、否定的なことを言ってみたりするのは悪い兆候です。早くそれに気づいていただき大きく成長して欲しいのですが・・・

実際、社会の中では能力やスキルが高い方が成功されているのではなく、素直で誰の意見にも耳を傾ける方が大成功されています。

素直な気持ちを持って仕事に励みなさいというのは本当だと思います。殻を破りなさいと言われるのも、この素直になることからのような気がします。

でもどうすれば教えれば良いのか悩むところです。「素直になりなさい」という言葉だけでは伝わらないかも・・・

まずは「ハイ!」の返事から始められてはいかがでしょうか?

それと社内ルールを作ってみるのも面白いです。「できません」「やったことがありません」
「やりたくないです」等、否定的な言葉は絶対に使わないようにすることです。

逆に、一度やってみる、チャレンジしてみることが大切です。否定的な言葉遣いや発想では伸びません。社内にも悪影響を及ぼします。

素直かどうか、一番大事なことのような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:素直
posted by ノムリエ at 11:39| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする