経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年04月05日

【小規模企業の人事制度改革】なぜ給与の見直しが人気なのか?

給料を上げてやりたい。
しかし、どれだけ上げれば良いのかわからない。
それに上げ過ぎると会社の経営が今度は危なくなる。
会社に大きな負担のない程度で変えて行きたい。

それに元々、給与の算定基準がない。賃金テーブルもない。前職の給与や経験で付けているだけ。よく頑張ってくれているなぁと思った時に少し上げているだけですとおっしゃいます。

また、現場からは自分の方が頑張っている、良い仕事をしている自信があるのに、なぜあの人よりも給与が低いのですかという不満が出て来るようです。

役職も経験年数で、社長の判断で付けているだけ。「うちの社員は、私の自己流で教えて来ただけなので、マナーから教えないといけないと思います。」という社長が多いです。

世間並みのことはしたいです。だから世間のことを知らないといけません。他社はどんなことをされているのか教えて下さいと相談があります。

それに給与を単に上げるだけでなく、モチベーションが上がり、さらに能力アップ、スキルアップするような仕組みにしたいとおっしゃいます。

ところがどこからどうやって手を付けて良いのかわからないみたいです。経営や商品のことはプロでも給与のことにはあまり詳しくないみたいです。それにサラリーマン勤めをされたことがなく、成人になってすぐに事業を始められた方は特にその傾向が強いです。

でもそんなに悩まれないで下さい。一つずつ作って行けば大丈夫です。
それと注意点は以下の通りです。
1.複雑な仕組みは作らないこと
2.大手企業の真似はしないこと
3.自社の規模でできる範囲のことを少しずつ見直して行くこと
4.給与の見直しと同時に、会社を組織として動かすような仕組みを作ること
5.また、人事制度だけでなく経営理念や経営方針の具体的な落とし込みを行うこと
6.できれば経営計画書も作成すること
7.個々人においては、企画提案を出していただき社内改革の会議を実施する
8.もっと大事なのは売上を上げるための方策を出していただき実践に移すこと

給与は会社にとって切実な問題かもしれませんが、給与体系を見直したからと言って会社は良くなりません。経営面すべてについて見直す必要があります。それも大手の真似をせず、必要最低限でやることをおすすめします。

後は、会社がどうなれば自分の給与が上がるのかを見せて上げることです。または自分の仕事のレベルがどこまで上がれば給与が上がるのかがわかるような評価表を作って下さい。

経営理念と経営方針に沿って会社はどこを目指そうとしているのか?
そのことに共感できる仲間を増やして行くことが大切です。
給与改革は経営改革の第一歩です。
是非、良いものを作られて下さい。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:給与
posted by ノムリエ at 05:19| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする