経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年03月10日

【商品開発におけるポイント】自社のやりたいこと、できることとお客様ニーズのギャップ

例えば、ネットの場合、ホームページ制作に興味がない方もおられます。ネットのことを少しでもわかっておられる方は、フェイスブックやツイッターの活用の仕方の方が興味があります。

また、ネットはやれば成果が出ると理解しているが、毎日の更新はできないと考えておられる方もいます。そのような方には、逆に紙媒体で反響を上げる方法を希望されます。

自社のできることをいくらPRしてもお客様が利用しよう思わない限り売上にはつながらないでしょう。

今の時代、万人受けする商品・サービスほど売りづらいです。今まで常識であったものが徐々に当たり前の世界になり興味が薄れて行きます。

お客様のニーズを引き出し、それに合った商品・サービスを提供していくことが大事だと思います。

お客様は何をしたいのか、何を求めているのかを知ることが大事です。ニーズに対応せず、自社のやりたいことを中心に商品開発していると、売れない可能性があります。

上記のネット戦略の場合、すでにネットで事業を展開されている方は、さらに進んだ戦略を希望されます。逆にネットは自社では無理とお考えの方は、今までどおりの紙媒体を打たれるでしょう。

そうすると、両極端になります。最新のものか、従来のものかです。中途半端な位置づけの商品が一番苦戦すると言われます。

あえて尖った商品を開発することも必要かもしれません。
自社商品のポジショニングは、どの位置でしょうか?
いくら販促ツールを作ってもこれがズレていると厳しいです。再度、ポジショニングをチェック・確認して下さい。

当たり前、常識的な商品では必ず価格競争に巻き込まれます。それを防ぐためにもポジショニングは大事なような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:商品開発
posted by ノムリエ at 05:28| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする