経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年03月07日

【営業職獲得の方法】募集をしても営業マンが集まらない!

中小企業では、かなりの好条件を出しても営業職希望の方は集まりません。一番人気のない職種なのかもしれません。

しかし、会社としては営業ができる人を入れて、営業を強化したいと考えています。できれば他社で営業経験のある方に入っていただき、過去の経験を活かして自由に営業活動をして欲しいと思っておられます。

ところが実際は、営業職を募集してもほとんど問い合わせがないです。特に、若い方にとってはハードルの高い職種に見えているようです。

そこで止まっている会社も多いのではないでしょうか?
募集の方法や仕組みを変える必要があるような気がします。例えば、営業が得意という方は、年配の方に多いです。営業なら昔からやって来たので自信があるようです。特に定年退職したが、まだ体は動くし過去の経験を活かして何かやってみたいという方もおられると思います。

そういう方を上手く雇用されてはと思います。ホームページの人材募集欄などに告知しても出しておくのも一つの方法です。ただし、このような方は、パソコンやネット等が苦手な場合が多く、ネット上から誘導するのは難しいです。

やはり紙媒体か口コミになると思います。でもその前に、どのような雇用形態なのかきっちり決めておくことが大切です。好きな時間帯に営業していただき、給料は固定給+成果給と行った感じが良いのではないでしょうか?

後は正社員でなくても準社員でも良いと思います。あまりきつく縛らないで、仕事ができる時間帯に自由に活動していただいて、報告をいただければそれで良いと思います。

若い営業マンが欲しい。若手を育成して営業を強化して行きたい。でもそれでは時間がかかりますし、成果はなかなか上がらないかもしれません。

中小企業だからこそできる雇用形態を作り、上手に人を活かす方法を考える必要があるように思います。過去の常識や規則などにとらわれていると、良い人材は集まって来ないかもしれません。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:営業職
posted by ノムリエ at 05:37| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする