経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年02月11日

【社内一体化の大切さ】なぜ部門間で壁ができるのか?

部が違えば、別の会社?
会社に勤めているというよりも所属部署に勤めている感じ。
何か一体感がなく、動きがバラバラ。会社や社長が言っていることが理解されているのか不安になります。

部門間で壁ができると業績は伸びません。お互いが自分の部のことを大事に思い、会社全体のことを考えなくなるからです。

だから部を越えての会議が必要です。それぞれが意見を発表している時は、得意分野のことではないため関心が薄いかもしれませんが、会社の方向性を理解する必要があります。

役職が付けば、自分の所属部署だけでなく、会社全体のことを考えることが大切です。そうしないとキャリアアップが難しくなります。

また、ローテーションも必要です。同じ部署に何年も居続けると、どうしても部門間に壁が出来てしまいます。2〜3年に一度ローテーションは必要だと思います。特に若手社員の方は、どんどんローテーションを行い、会社のこと、世の中のことをたくさん知って欲しいです。それが財産になります。

それとよくあるのは、製造と営業などの専門部門が分かれている会社です。ローテーションと言っても部を超えて行うことができません。そのような場合は、部内でローテーションを行うことです。例えば製造であれば、どのラインにでも入ることができるように教育訓練を行うことです。

営業においても同じです。外回りの営業だけでなく、社内の営業サポートの仕事もできるようになることが理想的です。

人の動きがない会社は、部門間に壁ができてしまいます。意図的に人を動かすことも必要かもしれません。

人事考課表などを活用し、どの部門のどの仕事ができるのか評価を行い、キャリアアップできるように推進することが大切です。

業績低迷の理由は、商品が売れなくなったからだけでなく、この社内の一体化の欠如も原因のような気がします。

風通しの良い会社を作ることが一番大事なことかもしれません。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:社内一体化
posted by ノムリエ at 05:33| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする