経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年02月07日

【一流のビジネスマンになるための気になるハードル】パソコンが使えない社員?タブレットが使えない社員?

えっ!今頃、パソコン教育?
切実な問題かも・・・

売上が優秀な営業マンの方でも実はパソコンが苦手という方がたまにおられます。昔のやり方で稼いでおられるのだから凄いと思います。

20年以上前にWindowsが出て来た時は、会社からパソコン研修へ行くように指示があり、何とか使い方をマスターしたのを覚えています。しかし、今は新入社員研修などでもパソコンの使い方を教えるというのはないと思います。

今の若者は、学生時代からパソコンは大の得意。タブレットなども彼らの方がプロ級だと思います。

そうすると社内にいるベテラン社員が心配です。数字を上げているから良いではないかと今までのやり方を変えないでいると取り残されます。

おそらく、いつか急に来ると思います。パソコンを使わないと仕事ができない日が・・・

そうなるとたいへんです。一から勉強しなくてはなりません。今のうちから慣れられた方が良いと思います。

パソコンだけでなく最近はタブレットの時代です。もう少しで逆転すると言われています。皆さまの会社では、タブレットは使っておられますでしょうか?

営業はすべてタブレットを使って説明する時代が来ています。紙も良い面はありますが、訪問前に企画書をメールで送っておき、現地で再確認と言う手順の方が効率的です。

また現物を持って商談と言うのも少なくなっています。商品は画面上で十分です。あらゆる角度から商品を見ることができますので、後は素材のチェックくらいではないでしょうか?

今ならタブレットを使い方、活かし方の研修会を実施されるのがおすすめです。
少しでも余裕のある時にやっておくことが大事です。

まさか人事考課表で「パソコンは使えるか?」「タブレットは使えるか?」の項目はないと思いますが、一度確認された方が良いかもしれません。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 12:03| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする