経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年02月03日

【ちょっと気になるマーケティング戦略】恵方巻の価格でその店の客単価がわかる

今日は、恵方巻を食べる日。個人的には、いつものように私が生まれる前からある老舗の寿司店へ行ってきました。その店は、恵方巻の日だけは、朝6時前から開店しています。シャッターも閉まったまま。横のドアを開けて入らないといけません。普通の人は、店が開いているということはわからないでしょう。

しかし、店に入ると恵方巻が山積み。客席を交換場所のスペースにされています。昨晩の夜遅くから準備されたのでしょう。恒例の行事のようになっています。どちらの方向へ向いて食べるかというよりも巻き寿司自体が美味しくていつも楽しみにしています。

帰りに商店街や他の店を見てみますとまだ開店していません。通常の営業時間なのでしょう。

老舗の強みは、変化球で攻めなくても直球一本で大丈夫。恵方巻も2種類だけ。販促は当然、何も打っていません。1か月前から店内外に告知するようなこともないです。本当に無販促。いつの間にか朝早くからやっているという口コミだけでかなりの販売量です。

どんなに新しくて良い店が出来ても祭事物だけは歴史がないと売れません。また、無販促で集客するというのは難しいと思います。逆に老舗は、常連客、固定客が付いています。信頼と人気があり、徐々にお客様を増やされて来ているため強いです。

また、家に帰り、新聞を広げてみると折り込みチラシが入っていました。食品スーパーも恵方巻の日に合わせてチラシを入れています。表面はやはり恵方巻です。

何枚も見ているとあることに気付きました。恵方巻の価格です。その店で一番高い恵方巻はいくらなのか?それを比較しました。どこも最高価格は980円止まりです。それ以上の価格のものはなかったです。

ところが、480円を上限にされている店もあります。おそらく、高い恵方巻を出しても売れないからでしょう。だから売れ筋の価格帯に絞られたのだと思います。

祭事物の商品で高いものが売れる店は、相対的に客単価も高いです。だからその店の客単価をつかむには、祭事物の価格調査を行うと参考になります。

それともう一つ参考になるものを見つけました。それは、一番安い価格で恵方巻を出している店です。巻き寿司はそんなに好きな方ではないが、祭事物なので買って帰ろうというお客様が対象です。これも面白い戦略だと思います。

それに今の子供たちは、巻き寿司にそんな憧れやご馳走感はないと思います。また、巻き寿司の中の具材に好き嫌いがあり、敬遠される方もおられるのではないでしょうか?そうすると、中身の具材はシンプルで最低限のものしか入っていない。プロから見ると、これが巻き寿司?と思うようなものの方が良いかもしれません。

毎年、恵方巻の日にはいろんな発見があり勉強になります。後は、美味しく恵方巻をいただきたいと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:恵方巻
posted by ノムリエ at 11:00| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする