経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2013年01月22日

【組織図の見直しと作り方】事業や商品の数だけ部がある

事業や商品の数だけ部がある組織図をよく見ますが、これで良いのでしょうか?いきさつをお聞きすると、新事業や新商品が出来上がるにつれて、部を増やされたとか・・・

しかし、本当に最初から部にする必要があったのでしょうか?
新しいものを出すために部を作るというのは、大手企業ではあるかもしれません。数年、あるいは10数年は赤字覚悟。将来へ向けての投資と考え、育てて行かれます。

逆にそのような投資を行っていないと、経営が安定しません。未来への投資を上手に行っておられます。ただし、それは余裕があるからです。

中小企業の場合、業績が芳しくなく、苦戦している状態で、新しいものに挑戦するのは良いですが、予算を付けることができるでしょうか?

すぐに黒字化する訳でもなく、チャレンジというアドバルーンを上げるだけでは意味がないです。

部にするということは予算が付く、予算があるということです。予算とは、売上予算、経費予算、それに投資予算です。また、人員の計画も必要です。今だけでなく最低5年後くらいまでの計画を作らないといけません。

部を作って、所属が一人だけというのはおかしいです。外向けの情報発信や宣伝効果としては良いかもしれませんが、これでは機能していないのと同じです。

ではどうするかです。最初から部を設けずに、各部署が共同で作り上げて行くのが理想的だと思います。

もし、利益が出そうであれば、その時に部を作れば良いです。最初からリスクを負って、部を作る必要はないのではと思います。

組織図は大きくならないように配慮する必要があります。右肩がりで順調な状態がいつまでも続く保証はないです。常に縮小できるようにしておくことがミソです。

また、3年に一度くらいは見直しが必要でしょう。現状の業績と将来のことを考えて作り直すことが必要になってくるはずです。

組織図づくりで大事なのは、絶対に無理はしないこと。身の丈にあったものを作られることをおすすめいたします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:組織図
posted by ノムリエ at 05:00| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする