経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年12月14日

【経営努力の評価指標】前年度よりも在庫は減っているか?

売上は、景気や業界動向に大きく左右されます。予算を組み、読もうと思ってもなかなか想定通りに行かないものです。

また原価率や粗利率も同様で、何か起こるとすぐにブレてしまいます。想定した数字に改善し維持するというのは非常に難しいです。

どちらの評価も努力していない訳ではなく、結果や成果が出にくいだけです。

ところが経営努力しているかどうかはある一つの指標でわかります。それは、在庫です。在庫が昨年度より減っているかどうかです。

5年前、10年前と比べてどのようになっているか、数字を並べてみると経営努力の足跡が見えてきます。

期末になり無理をして数字を合わしたものではなく、きっちりと計画を立てて削減を行って来たかどうかが大事です。

経営計画書の作成の際も売上や粗利の目標は立てられますが、在庫削減も計画に入っていますでしょうか?それも計画数値だけでなく、アクションプランに落とし込み、毎月チェック・確認することが大事です。

それと在庫を減らすための企画やイベントなどの計画が必要です。何もせずに在庫が減って行くということはないです。在庫について真剣に考えることが大事ではと思います。

金融機関などもこの在庫を重要視してチェックされます。在庫はお金が眠っているのと同じであり、在庫過多はその企業の体質を現わしているからです。

在庫を減らそうと思うと、今度は倉庫の管理も大事です。倉庫は自社の建物なので自由に使えると思っているとどんどん在庫は増えて行きます。売上に見合った適正在庫で経営することが大事です。だから倉庫の管理についても見直しが必要かもしれません。

経営改善を行う際は、まずこの在庫の圧縮からです。単に現金化するという意味だけでなく、在庫を減らす努力が企業を強くするからです。

在庫の圧縮は、期末で整理するのではなく、毎月計画的に減らして行かないと上手く行きません。そのためには、在庫に対して、社員全員がもう少し意識した方が良いと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:在庫
posted by ノムリエ at 05:35| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする