経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年10月05日

【小売業の競合店対策】同じような店が隣にできた!

売場を見直し、活性化しようと思っても近くに競合店が出て来た場合、最悪売上は半分。良くても20〜30%、売上は落ちるでしょう。

また何か販促を売ったりしても競合店が同じような企画を打てば効果は薄くなります。

値引きも同様です。少し安くしてしようと思っても競合店がその価格よりも安くして来たとします。そうすると今度はさらに安くしないといけません。お互いが値引き競争になり共倒れです。どちらかが潰れるまで競争しないといけません。

競合店が出て来た時、何が一番大事かと言えば、商品です。競合店が扱うことができないようなオンリーワンの商品を置くことです。また、その商品を売るためのいろんな仕掛けを行うことです。

昔は、競合店よりも多く品揃えして差別化を図る戦略が有効だと言われていましたが、今は安易な品揃え強化はロスを出し非効率になるだけです。

どこにも扱っていない商品を扱うことができるかどうか、それが鍵です。自分の足で商品を探さないといけません。それにその商品を売れ筋商品に育てないといけません。

急には無理でもそのことをご理解されていた方が良いと思います。経営コンサルタントの力を借りて、売場づくりを行ったり、販促企画を行ったとしても最終的には商品です。

商品で差別化できない店は、厳しいと思います。競合店が出て来ても動じない。売上が変わらない店にするためには、強い商品を持つことです。

そのような商品をどうやって持つか、どうやって育てて行くかについて考える必要があると思います。

売上が下がって来た、競合店が出て来たので相談される方が多いですが、急場しのぎではなく将来のことも考えて戦略を練ることが大切です。

強い商品を持っていれば、販売戦略はいろいろ打てます。競合店対策は、商品の磨き込みにかかっているような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:競合店対策 売場
posted by ノムリエ at 12:44| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする