経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年09月08日

【企業経営の難しさ】利益が出ても借金が減らない

少々利益が出たとしてもそのお金は、日々の資金繰りの中で消えて行きます。また、決算書上で利益が出ていたとしても実際にその金額分、お金が余っているということはないです。

では、どうすれば良いのか?
今以上の利益を出さないと事業継続が難しいということです。金融機関にリスケをお願いしても根本的な解決策にはなっていません。

最終的には、ビジネスモデルを変えるか、新しい事業を創出しないと追いつかないと思います。すぐに見つかるのであれば、もうすでにやっていますという答えが返って来そうですが、それを探さない限り本当の意味での出口は見つからないような気がします。

どの企業も利益が出なくて困っているのではなく、返済が重くて苦しんでおられます。

どこかで抜本的な見直しをしないといけないのではと思います。まずは数字に落とし込んでみること。現状のままだとどうなるのか?ビジネスモデルを変えた場合はどうなのか?新しいビジネスを始めた場合はどうなのか?いろんなパターンでシュミレーションが必要です。

それと大事なのは、今の事業の損益分岐点を極限まで下げることです。固定費を圧縮したり、原価率を下げたりと企業努力が大切です。何か新しいものをやれば解決するという問題ではないです。体力を付けて、再スタートの準備をすることが大事です。

これらを実現するためには、幹部の方が集まって経営改善会議(仮称)を毎月行うことです。できれば月に2〜3回は開催したいところです。

内容は、
1.損益分岐点を下げる施策について
2.ビジネルモデルの転換について
3.新しい事業創出について
4.新しい集客方法について
等々です。

実際にこのような会議に毎回参加させていただき、業務改善や実行支援のお手伝いをさせていただきます。

この会議を開催することによって、結局、経営改善計画書が出来上がります。それもアクションプラン付きです。誰が担当者で何をいつまでにやるのかが決まっています。1年後、ドラスティックに会社が変わっている場合もあります。

会社は利益が出ている状態ではまだまだ。返済が十分に行えて、かつ、お金が残っていることが理想です。そのような状態にするための改革が必要な気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:利益 借金
posted by ノムリエ at 05:37| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする