経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年08月22日

【縮小マーケットの中の経営法】売上だけを追いかける経営では限界が来る

縮小マーケットの業界の方はいろいろ悩まれていると思います。縮小していてもある程度のところで止まれば良いですが、毎年縮小して行く可能性があるなら、早めに手を打たなければなりません。

また、新しい事業の柱が見つかれば良いですが、なかなかすぐには見つからないでしょう。その前にやるべきことがあると思いますので、まずそこから改善されてはと思います。

何を見直すかと言いますと、損益分岐点を下げることです。売上が期待できないのなら、経費や人件費を見直し損益分岐点を見直し少しでも利益が出る体制に変えることです。

その場合、事業を縮小することになるかもしれませんが、早めの対応をおすすめします。何とか頑張れば売上は伸ばせるはずだと思い手を付けないと後から後悔するかもしれません。

売上アップと経費削減を同時にやれば大丈夫ではという声も聞こえて来そうですが、売上は水もので計画どおりに行くかどうかは不透明です。逆に経費の削減は、決断してやるかやらないかだけなので見通しが立てやすいです。

それと経費の削減を上手にされる会社は、売上を伸ばすのも上手です。理由は決断と行動が早いからです。ダメだと思えば、すぐに切り替えられます。

もう昔のように売上だけを追いかける時代ではないと思います。上手に事業を整え、次のチャンスをうかがうのが理想ではと思います。

もう一つ、縮小マーケットの経営法で大事なのは新商品を出すことです。マーケットが縮小しているので何をやってもダメだということはないです。どんな事業においても新商品が出なくなると業績は落ちて行きます。売れなくてもヒットしなくても、常に新商品を出し続けないといけません。

新商品を出し続けることで力が付き、次のチャンスのヒントが見えてくるかもしれません。止まっている状態が一番危険です。何か行動に移している状態を維持することも大切です。

新規事業はこれらをやった後です。安易に新規事業に手を出しても、経営体質が良くなっていないのならまた同じ結果を招く可能性が高いです。

まずは、経営体質を強くすることからです。売上が下がっても利益が出るように組み立て直すこと。会社は潰さないことが一番大事です。

永遠にマーケットが拡大し続けるということはないです。どんな事業においても下がる時の備えが必要な気がします。

整え、踏ん張り、次のチャンスをうかがう。
それが縮小マーケットの経営のコツかもしれません。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 13:15| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする