経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年08月07日

【飲食店の活性化案】低価格路線への対処法

飲食業界でも大手企業では業績を上げ、利益を出されているところがあります。居酒屋業界も大苦戦中なのに、利益を出しているところがあります。分析してみると、相対的に低価格路線の業態が当たっているようです。やはり不況期には価格戦略は効果があるようです。

しかし、中小企業や個人店では、すべてのメニューを安くしたり、大々的に価格戦略を打つことができません。そんなことをしていると店が潰れてしまいます。

でも価格は有効なのはわかっていますので、何か手を打ちたいです。すべてを安くすることは当然できません。それなら、特定のメニュー、あるいは分類で安くできないでしょうか?

例えば、ある分類だけ、どこよりも安くしたり、他店の価格に合わせます。それを武器に集客を図ります。

無理にすべてのメニューの単価を下げると、売上を維持するのがたいへんです。それに価格を安くした分、集客が大幅にアップすれば良いですが、認知されるのに時間がかかります。

また、安くしたことを何らかの形で伝える必要があります。店内販促だけでは弱いです。告知する媒体も考える必要があると思います。

財布の紐がきつくなり、なかなかお金を使ってくれません。その財布の紐を緩める戦略が何か必要な気がします。

それも、「安い」という戦略です。目に見えて安くなったというものが欲しいです。

安くするのは嫌だと言っていると、ますます売上が落ちるかもしれません。どうやって安くするか、それを考えることが大事だと思います。

価格そのものが安いだけでなく、店全体が安いと感じさせること。それをどうやって表現するか、腕の見せ所です。
低価格路線は、しばらく続くように思います。
どうやって安くするか、どうやって安く見せるか、その競争が始まっています。
なるべく早く手を打たれた方が良いのではと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:低価格路線
posted by ノムリエ at 14:03| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする